顔がほてって仕方が無い時の私なりの対処方法について

20代の頃まであまり顔がほてって困った事はありませんでした。ですが、30代半ばになってきて突然顔がほてる様になりました。恐らくホルモンバランスの崩れや体調がちょっと悪い時に顔がほてりやすい気がします。特に毎月の生理前頃ほてりが酷くてまるで発熱してるかの様です。

 

チークをたっぷり塗ったかの様に真っ赤になるので恥ずかしいです。ベースメイクの時に念入りにカラーコントロールカラー等でカバーをしています。メイクで誤魔化す事は出来ますが、根本的な対処や改善にはなりません。

 

応急処置として、氷がたっぷり入った飲み物でほてった部分に当てるとクールダウン出来て快適です。他にはほてりに効くと言われている百会のツボや合谷のツボを刺激してみたりします。

 

なるべくホルモンバランスを整える様に気を付けています。不規則な生活をなるべくせず、運動不足にならない様にしています。血流が悪くてもほてるらしいので全身の血液がスムーズに流れる様にゆっくりお風呂に入ったり運動しています。

 

我流も含んでますが、赤ら顔 治し方、付き合い方はかなりのレベルになっていると思います。

関連ページ

小顔ゴリゴリエステとは…
フェイシャルエステにちょこちょこ行くのですが、目的は主に秋冬の乾燥対策でした。
VODは暇な時間はとても役立っています
私は最近、huluで動画を観ています。それは懐かしいドラマであったり、大好きな韓国ドラマなどです。どれも好きな時に、好きなだけ観れるのがhuluなのです。